FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

順番。

2012.02.20 00:00|きょうのことたま
義父(夫の父)が芳しくない。
血圧が低下し、再び手術という。
成功しても、透析だの何だの、辛い日々なんだろう。

何が幸せかわからない。

辛い、痛い思いをしてでも生きながらえることか。
目の前の症状を受け入れ、そのまま天に召されるか。

現金なもので、子どもたちは好き勝手に自分の予定を言う。
「葬式とか、明後日ならバイト無いんだけど」
「週末からテストなんだよね」

そんなこと言えば、私だってそうだ。

月初めは3日~13日、月末は23日~26日ならベストなんだけど。

冷たいもんだよね。
でも自分の親にもこの点はお願いしたいくらいで(苦笑)。
出来れば仕事の事なんてきれいさっぱり忘れて
しっかりと見送りたいもの。

属人的な中小の同族企業としては、代わりの人員なんて確保してないから
締日とかに重なると、休めないのだ。
これが私の親ならまだしも
夫にはこんな話通用しない。
辞めてでも夫実家を優先することを強要するのだ。
今までだってそうだった。

一応、万が一の用意をする。
洗い出しから帰ってそのままだった着物と襦袢のしつけを解いた。
着付け用品一式をバッグに詰めた。
通夜、続けて行うであろう初七日も見越して
黒のスーツとパンプスも用意した。

家族全員の数珠を用意した。
息子のフォーマルは日常使う制服なので慌てて洗濯した。
娘には入学式に着た黒のスーツとパンプスをすぐ出せるように、
とメールで指示した。

----------------------------------------------------------------------

幸いなことに、何度目かの手術をした義父は
手術の成功で持ちこたえてくれたと、
夜も更けた頃、夫からの電話で知った。

意識のあるうちに会いに行けるだろうか。
(豪雪地帯なので、難しいのだが)

せめて、もう一度孫達の顔を見せてあげたい。
あんな夫の親だけど
義父には本当に可愛がってもらったから。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

リンク

検索フォーム

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。