FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体が一つでは足りない

2010.03.23 21:03|きょうのことたま
夫の要求を叶えるには
体が一つでは足りない。

4度目の引越しでのこと。

新居には、工事中に既に新しく買った家電や家具を運び込み始めていた。
旧居から新居へは車で数十分だったので、ほかにも自分で運べるものは
どんどん運び込んでいた。

工事中は玄関も開けっ放しなので
荷物の入り始めた家の監視が必要で
夫から「ずっと新居に居ろ」と言われていた。

一度に車に詰めるだけ荷物を積んで新居に行き
片付けつつ家の監視をする毎日だった。

旧居へ帰宅すると、夕食の支度や
まだ小学生の子ども達に手がかかり
ましてや使用中のものは運べないので
なかなか引越し荷物の梱包もままならない。

ある日早く帰宅した夫が
梱包済みの荷物を新居へ運ぶから出せと言った。
でも運べるものは既に私が毎日少しずつ運んでいたし
運べる荷物がほとんど未梱包の状態だった。

「昼間一体何やってんだ!梱包ぐらいしておけ!」

夫は怒鳴った。
私は

「新居の監視に新居にいるのにいつ旧居で梱包するの?」

そう言ったが通らない。
(この訴えが通らない自体、おかしい。私の体は一つなのだ)

そんな状態を相談していた友人Aさんが

「私が新居に居てあげるよ。梱包しなよ。子どもも見てるし。」

そう言ってくれた。
彼女は、もう本当に親身になってくれたし
前回の引越しでも、梱包を手伝ってくれたし
そのあまりの手際の良さと、子ども達の懐きかたに
すっかり甘えてしまっていた。

普段から家も行き来していた彼女が新居にいてくれたら
どんなに助かるだろう。
2日もあればなんとかなるだろうと考えた私は
夫に言った。

「Aさんが新居を見張ってくれるの。お願いしようと思う。
 その間に私は梱包して運んで、3往復くらいは可能だし。
 随分はかどると思うよ。」

その言葉に夫は烈火のごとく怒り出し、怒鳴った。

「新居に他人を入れるな!!!!!!!!!!」

どうしろと言うのだ。途方に暮れた。
Aさんに頼むことが出来なくなり、私は子どもが寝静まった夜中も
梱包した。

そういえば結婚して今まで4回引越ししたけれど
うち、2度は妊婦だったけれど
夫の協力は一度もない。
らくらくパックでもない。

もう引越しなんてたくさんだ。
それも今まで家を出なかった理由の一つかもしれない。
4度の引越しも、全て何かしら私の心に影を落としていった。



スポンサーサイト

受験もおかまいなし

2010.03.13 09:37|きょうのことたま
息子の公立受験が始まっている。

間に土日を挟んで2校あるので
1週間気が抜けない。

息子自身は、今年に入ってから塾も毎日で
過去問や模試など、これでもかというほどのテストに明け暮れ
本番すらうんざりする程の問題数をこなしてきたのだろう。
傍で見ていても、疲れるほどだ。

初日前日も塾で絞られてきた。
息子は第一志望がD判定(A~Eだから下から2番目(^^;;)。
引っかかれば、ラッキーな状態での受験なので
本人はピリピリかと思いきや
前夜は私にオセロの勝負を挑んできた。

幸い夫は前日の飲酒が響いていたのか
思いの外早く休んだので、4試合付き合い
3勝1敗という息子の圧勝に満足し
早々に眠りにつくことができた。

問題なのは2校目。

まだ1校が済んだばかりの夜
また飲みすぎて帰ってきた。

寝ていた者も起きていた者にも全て大声でアピールし
みんなの後ろをついて回り
(彼に言わすと”奴隷や家畜の監視”らしい)
そして何か答えるたびに「いい加減な事を言うと殴るぞ」と連呼する。

「卒業式の日程が水曜日だと言っていたので
 有給を取ってやった。
 日が間違っていたら、殴るぞ。」

合っていたのに、何度もこのセリフを言う。

受験は間に土日を挟んで2日ずつ2回。
これも言ってあった。
そしてまだ1校残っているから
今日は早く眠ろう、と言ったら彼は言った。

「聞いていない」

よくあることだ。
夫は言ったことは「言っていない」
言っていないことを「言った」
と、よく言う。

受験の日程の話は、何度も聞かれ何度も答えた。
少なくとも、2月以降だけでも3回以上言っている。
言ったときのシチュエーションまで覚えている。
それを説明しても納得しない。

「酔っているからわからないのだ、今夜はもう休もう」

何度言ってもやめない。

そのうちまた暴言を吐き出した。

「A校ならましだけどB校なんかな・・・」
「どっちでもいい、オレには関係ない」
「どーでもいい」
「落ちるのか、ふん」
「落ちたって俺のせいじゃない」

そうしてスイッチが入り、大声で怒鳴った。

「落ちたらオレのせいだというのか!」

今はそういう話をしていない。それ以上は言わなかったけれど
十二分に邪魔をしたのは間違いない。
息子は一時、あまりに邪魔が続くため精神的にも不安定になった。

夫にとっては、結果はどうでもいいらしい。
今までもこういうことがあると、決まっておなじパターンだった。

合格すれば、当たり前。オレの家系の血は優秀だから。
でもオレは超えられない。

不合格なら、アホだからどーでもいい。
ほら、やっぱりオレは超えられない。

結局、自分の手足になるか
手足にならなければコキ下ろす相手になるか

その違いだけだ

散々叫んで、やっとおさまり2階に引き上げた。
が、夫はまた下りて来て私の眠っている部屋のドアを開けた。

「オレのせいだというのか!!」

だれもそんな話はしていない。
それにまだ合格不合格はわからない。

散々怒鳴って、「オレのせいではない!」と叫んで

やっと部屋に引き上げた。

お願いだから、明日の夜は静かにしてほしい。
勉強のためではない。
精神的な安穏が欲しいだけ。


義母の誕生日

2010.03.12 20:09|きょうのことたま
義母の誕生日の出来事。

だいぶ前に贈り物は手配してあったのだけど
毎日過ごすのが精一杯で、その日が来たことを忘れていた。

普段からゴミの日などの都合上、曜日は意識するのだけど
何日か、なんて意識はあまりない。

仕事の最中は、視界の中に今日の日付が散乱していて
意識も必要ないからかもしれない。

何よりも、毎日が精一杯で
なんとか無事に一日を終えられることだけが
一番重要な課題になっている。

そんなこんなで無意識にやってきた義母の誕生日。
電話の音で電話機に目をやるとディスプレイは義実家を表示している。
出たくなかった・・・

なぜなら

いつも決まって夕食の支度でバタバタしてる最中にかかってくる。
電話の最中に子ども達に対する「勉強しろ」「医者になれ」が
連呼されるのも苦痛。

子ども達の様子を聞かれて答えると
Aくんはその頃、こんなにすごかった
Bくんは、こんなだったと
長男夫婦のこどもと比較されることも苦痛だった。

そうして話題は長男夫婦とその子どものことや
近所のひとのこと、会った事もない親類の話で終始。
それも、以前にもきいた話であったりもした。
正直聞きたくも無いし聞いても分からない話題に
次第に早く切りたくなるのが常だった。

その日は、誕生祝が届いたお礼の電話なのはわかってたから、
電話の相手を確認すると急いで取った。
取らないと息子が取る。(彼は携帯を持たないので家電話は必需品)
明日から受験本番なのに、勉強だの医学部行けだの言われたら堪らない。

誕生祝いのお礼に返事をし、あとは喋るのもなんだか辛くて、
はい、しか言わなかったら、やっぱり息子の受験の話に。
終わったと思っていたらしい。

これからだと答えると、「どう?行けそう?」なんて嬉しそうに言う声に、
抑えがきかなかった。

『相変わらず父親が(夫)勉強の邪魔をします。
 やめてと言ったら、もっとやる。
 娘の時みたいに寸前になって
 「落ちてしまえ」なんて言わないといいのですが。』

と言った。義母は、コロコロと笑い出した。
「まだそんなことやってんだ」と言いながら。

『酔うと酩酊して近所迷惑な大声出して罵るので
 息子は勉強どころじゃなくて苛立つことも多い』と言えば

義母、またコロコロと笑いながら、
「仕事うまくいってないのかねー」と言う。
「どうしたらいいのかねー」と、深刻さと無縁な、呑気な口調。

泣けてきた。

私はおかしいんだ。義母、私の話を聞いても
コロコロと笑いながら聞いてるじゃない。

『私は奴隷で子供達は家畜らしい。
 自尊心を失いそうだ。
 息子が受験だからと、毎日なんとか穏やかに過ごすことに神経を使う事が、
 彼の支配欲を助長しているのかもしれない。』

そう言ったところで芳しい反応もなく、どこか他人事。

「もっとかまって欲しいんじゃないの?」
などとコロコロと笑いながら言うあたり
そのあまりの無頓着ぶりに、話すのも辛くなった。

『今は受験が無事に終わることだけを考えて、
 我慢して我慢して過ごしています。
 結果がでたら必ず報告するので、それまでそっとしておいてください。
 医者医者言わないでください。お願いします。』

そう言って切った。
涙が止まらなかった。
どうして私の一言ごとにコロコロと笑うのだろう。
そんなに可笑しい事なんだろうか。

義実家の人達は期待出来ないとわかっているのに
(むしろそこに訴えるのは敵を増やすだけなのに)
訴えずにおれなかった。
FC2カウンター

最新トラックバック

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

リンク

検索フォーム

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。