FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信用するのはオレの親

2009.02.18 18:54|きょうのことたま
子供が起きているのでSEXは勘弁して欲しいと断った。
するとまた暴言が始まる。

結婚する前(厳密には付き合う前)に
私の事で人から聞いたという噂について罵倒された。

 ・幼馴染(夫と初めて出会った家の住人)と仲良しだったが
  実はヤっている。大した女だ。

 ・他のヤツともヤってる。あの女はやめた方がいい。


そう言われたらしい。あいにく事実無根だ。
言ったという人はわたしもよく知らない人で。
(そういう勝手な噂を流すくらいだからロクな人ではないだろう)

私の言うことは信用せず、親や他人の言うことが正しいと豪語する人なので
反論するのもばかばかしく、ただ聞いていた。

本当は

「結婚前にそんなふうに聞いてその話を信じてんなら
私と付き合わなければ良かっただけじゃないの?
それを信じてたのに、その上結婚しておいて今更何ソレ」


と突っ込みたかったが。

夫は仕事への往復以外、家庭のことはノータッチ。
結婚して以来17年変わらずノータッチ。
私が熱を出していても「オレのメシは!メシ!メシ!」と。
子供のお風呂もオムツも当然ノータッチ。

けれど、自分の実家でのお風呂や入学卒業式は出席し
すごくやっているというアピールは忘れない。
それもずっとではなく、数回やっておしまい。
その後「オレはいつもやっている」発言。

町内の行事や付き合い、学校の役員関係に親戚の付き合い。
なにもかも私。どう贔屓目に見ても考えても
夫は仕事への往復以外、家庭のことはノータッチ。

・・・なのに私の給料はアテにする。
給与明細を見せろと怒鳴る。
(私は正社員だけど、昇給しない会社なので、毎月変わらない。
  その手取りは夫も知っている・・・のに。)

我が家のお金は全て私の浪費のように言い
オレは何もしていないと威張る。

旅行に行くわけでもなし。
派手にファッションにお金をかけるわけでもなし。
ゼイタクといえば、果物をよく買うこと。
彼が単身赴任の時は週末は頻繁に外食し
彼と子ども達の接触の機会を増やしたこと。

やりくりが上手じゃないのは認めるけれど・・・。

転勤で引越しが多かったけれど、その時のこともなじられた。
アレはどこへやった、これはどこだ、と。

私の身に覚えが無いことまで私のせいで
あるとき物を私が亡くしたと言うのだが
私は見たことも無いものだったので当然否定した。

   「オレの親も知らないといっている。
    今度実家へ行って話をしてこい。
    オレの親は’自分達が悪い’と言うだろう。
    そうやって墓までもっていくわ。
       (つまりオレの親は罪をかぶると言いたい様子)
    でもな、オレの親とオマエの意見が食い違ったら
    オレはオレの親を信用するからな。
    オマエなんか信用できるか。」


私には味方が居ない。
身ひとつでこの家を出ても罵倒されるんだろうな。
お金もなにもかも取り上げて、身包み剥いでもまだ
「他にもあるはずだ」と言われそうな勢い。

SEXに応じればこの罵倒がとまるのだろうか。
聞くことに疲れた。
けれど、SEXに応じたところで
事が始まってみれば

   あれをしろこれをしろ(命令)
   腹がでてきた、
   腹を引っ込めろ(私は人間ドックで痩せすぎと診断されています)
   ○○(近所のPTA)のオバハンどもなんか、いい身体してるぞ。」
 

そうやって命令してマグロになる。
おきまりのパターン。

なんだか生きてるの、疲れた。
  





スポンサーサイト

追憶3

2009.02.08 14:13|追憶
今までの彼の住まい(寮)から通勤できる距離の転勤だが
やはり会社の方針で転居は伴う。独身で身軽だから尚更。

転居するまでの約1ヶ月は、相変わらずの付き合いで
私も日帰り出張やバブル好景気の激務で
特筆事項もないまま月日は過ぎていく・・・はずだった。

ところが、そんな折に発覚した私の妊娠。

おばかな私は何も考えられず、彼に報告。
しかし、彼の対応は以前に聞いた
”子供ができたら・・・育てるだけ”・・・の言葉と裏腹に
何のアクションも起こさず毎日が過ぎていった。

相談の電話をしても、うるさがられ
彼からは具体的な言葉も聞かされず

結局、私は親に打ち明け
彼は我が家に親同伴でやってきた。

本人と一度も話をできないまま
いきなり親同伴でやってきた彼に
私の親は難色を示した。

それでも妊娠という事実もあり許してはくれたのだけど
このときの対応(自分では何も決断せず親任せ)が
後々の不信感のはじまりだったのかもしれない・・・と
今になると思えてくるのだ。
FC2カウンター

最新トラックバック

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

リンク

検索フォーム

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。