スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況

2013.09.21 21:10|きょうのことたま
なんだか随分書いていない。

仕事は、口を開けば不満ばかりの人たちが
半年の間に3人次々と辞めていき、そのしわ寄せが津波のようにきていた。

私の残業は平常運転の3倍になった。

二か月その状態が続き、やっとなんとか2人の補充があり
一息つけたかの様だが、実は私に課せられた負荷は減っていない。

転職しようと活動してから何か月たっただろう。

こうやって人が減るたび投げつけられた仕事が圧迫し
私の負荷はやがて転職意欲にも影響しだした。

何もやりたくない。

私の状態を見かねた営業部長が
営業に来ないか?と、嬉しい言葉をくれた。

その部長の下なら、テンションもモチベーションもアップが期待できる。
我が社には珍しいタイプで、二つ返事で行きます!と言いたい部長だ。

けれど

私は自社の製品とサービスを、売れない、と言葉を濁した。

自社の製品とサービスを、信じて売ることができない。
現在も、いい加減な対応、適当で場当たり的な対処
それを自信を持ってお客様におすすめできないのだ。

そう、渦中にいる営業部の部長に言うのは本当に申し訳なくて
「うちに来ないか?」と、
能力が不足した私なのに声をかけてくれた部長に申し訳なくて

営業するなら、お客様にぜひ薦めたいものを売りたい。
これが転職のスイッチになるだろうか。

ハローワーク行きたいけど
時間がとれない。
スポンサーサイト

要求なのか

2013.06.03 19:49|きょうのことたま
私の実の親は既に母親だけだ。

その母親は離婚して独りになった兄と暮らしている。
この兄が困った男なのだ。

仕事が続かない。
家は持ち家なので住処には困らないが
時として無職になる。

前回無職になった時、車が維持出来ず処分。
年老いた母の車を取り上げた。
(それも母が働いて自分で買った軽自動車...)

足を奪われた母は田舎の交通の不便な家に居ることが多くなり
自分の車は兄の休みの日にしか使えず
かといって、腰の圧迫骨折で働けなくなった身では
もう一台車を買うことは出来ず・・・

そんな母が私に電話で愚痴るのはこの兄のことと
**の子供は、親に車を買ってやっただの
毎月仕送りを**万円送ってくるだの
延々聞かされる。

地元を離れた私は確かに親不孝だ。

けれど、自分の小遣いを貯めた中から
故障した電化製品や家の備品や
生活費が困窮した時にはわずかながら振り込んだり
それなりに考えてはいたのだけど

足りないのかな。足りないんだよね。

正直親の電話が苦痛だ。
同時に、時にその親の年金すら搾取する兄に
いらだちを覚える。

ただ、それでも昔からそうしていたように
何もかも兄を優先してきた母は
あいかわらず兄に気を遣い続ける。

私の中では助けたい気持ちと
何もかも優先して育てた兄に叶えてもらうがいい!と
おたがいずいぶん年老いたというのに
未だに恨みがましく思う気持ちが同居する。

「あなたが行きたがっていた学校に
  行かせてやれば良かった」
「あなたがやりたがっていた習い事に
  行かせてやれば良かった」

そんな事今更何とでもいえる、と
白ける自分がいる。

ストレスなのか
全身が痒い。掻痒症なのかな。

淡々と。耽々と。

2013.05.08 21:39|きょうのことたま
五月病だとか、ボーナス貰ったらとか
そういうタイミングで辞める人もいるだろうと
この時期の求人には目を凝らす。

今の職場は苦痛だけど
我慢してこなせば当面レイオフはないから
(人が辞めすぎて、上司の管理責任問題勃発中)
淡々と、耽々と仕事を裁いている。

いいところがあればエントリーだ。

初春にエントリーしたところは
勤務条件に折り合いがつかず、辞退した。
今は趣味を犠牲にしてまで働く職場は避けたい。
ストレス解消できなくなるから。
精神的な安寧を得たいから。

なかなかピンとこない。
こういうのは縁だから。
きっと行くべき場所があると信じて
だからといって決して今の仕事を疎かにせず
アンテナをはろう。

それだけが励み。


惰性

2013.04.03 21:28|きょうのことたま
クビにするならご自由に。

開き直って仕事する。
性格上、テキトーなことが出来ないから
開き直りつつも、目の前の仕事は捌く。

くだらないことで突っ込まれないように
考えながら。

難しい仕事をしているわけじゃない。
むしろ慣れればどうってことないのだろう。
ただ、量が時として膨大となる。

ただ、それだけ。

だから代わりはいくらでもいるし
躍起になる必要もない。

まあ、子ども二人が私大に通う今
(あ、私の金のかかる趣味もあった・・・)
収入はあったほうが良いが。

考えるのも億劫な毎日。

ただただ

目の前の仕事を捌く毎日。

それだけ。

楽しみは・・・

うーん・・

やっぱり悪者なんだね

2013.03.15 21:25|きょうのことたま
優しい会社だ。

やりたくない
自分の仕事じゃない
できないからやらない

こういう事を言って、上司に泣きつく人に
優しい会社だ。

私は泣きつかないから
「オマエはキーマンの使い方が下手だ」と
みんな私のせいみたいに言われる。

「みんな君みたいに正確な仕事はできない」
  ---正確じゃないから、Wチェックどころかトリプルチェックの日々ですが何か?

「君ができることが皆できると思うな」
  ---そんな事考えたことないんですけど。ぶっちゃけ興味ないし。

「出来ない人間もいるということを覚えろ」
  ---奴らは【出来ない】じゃない、【やらない】のでは?

「彼らを君のレベルに引き上げる事が考えられないのか?」
  ---それは管理職のアンタの仕事だろ?
    てか、私のレベルって、ボーダーラインすれすれなんじゃ?
     それに引き上げるって彼らはどんなレベル??

彼ら(正確には彼女ら)をフォローするために
管理職2人がかりで事務仕事をする姿は滑稽だ。
そして・・・切なくなる。

この会社は、なんとかやろうと踏ん張っている奴らには
「出来ないやつをバカにしている」
「自分以外信用できない、小さいやつ」
そういうレッテルを貼られ

「これは自分の仕事じゃない」だの
「他部署ばかり備品を自由に買ってずるい」だの
正直どうでもいいことに目くじらを立て
自分の立場が悪くなると
役職の階層をふっとばし
上司の更に上司に泣きつき、
「辞めます!」と脅す。

上司は保身の為、引き留める。
(最近、部下が立て続けに辞めたためこれ以上辞めると自分の身が・・・)

私はこんな感情論に疲れ
目の前の仕事をこなす、と言うより
捌いている毎日だ。

次の有給は、ハローワークに行くことにする。

疲れた。

家庭だけで十分疲れているのに。




FC2カウンター

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

リンク

検索フォーム

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。